スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
山村学園短期大学 夏期集中講座②
10082401.jpg

先週に引き続き、山村学園短期大学の保育士を目指す学生さん向けのFA認定講習です。
写真のホールでは別の講師から解説があり、ホール前の踊り場?スペースで私が担当する実技という感じで、メリハリをつけて講習をしています。
埼玉県の高坂駅から少し山を登ったところなのですが、とっても自然豊かで、こじんまりとしているアットホームな学校です。学校のウリも「ナチュラル系保育士」というキャッチフレーズを使っていました。
講習の会場にも、バッタや蝶々、ハチなどなど、いろいろ入ってくるのですが、学生さんたちが、時には手で掴んで外へ逃がしに行ってくれます(笑)
今回も、無事38名の認定ができました。
来週から保育実習とのことです。頑張ってくださいね~。
スポンサーサイト
[ 2010/08/26 17:36 ]

| ☆学校 |
山村学園短期大学 夏期集中講座①
毎年恒例の山村学園短期大学の保育士を目指す学生さん向けのFA認定講習です。
講師3名で講習を担当させていただきました。
私は、実技担当。
36名の学生さん相手に、パワーも使います(笑)
1~2日目にFA講習を行い、3日目は実技テストを1人ずつ行います。
認定自体にはテストはないのですが、学校の科目履修のためのものです。
さすが若いだけあって、記憶力もよく、どの実技もそつなくこなしますねー。
まだ、現場に出ていないので、実感をもって講習を受講できないと思いますが、いつか万一の事態に遭遇したときに、役立ててもらえるとうれしいです。
[ 2010/08/19 17:04 ]

| ☆学校 |
一般向け CPR認定講習
本日は、Nさん、Uさん、Kさん3名様にご参加いただき、CPR認定講習会を開催いたしました。
今回は全員保育士さんのため、保育士向けに内容をアレンジしての開催です。
Nさん、Uさんは、認定こども園のスタッフです。
以前、幼稚園だったそうですが、増築して幼保一体の子ども園に変えたそうです。
幼稚園と保育園では、これまで行政の管轄も異なりますし、教育と生活・・・とその考え方も、実際の生活の内容も異なります。もちろん、先生、保育士さんの資格も違います。
この変化は、働いているスタッフのみなさんにとっては、大変ご苦労があるでしょうね。

今年の初めに、子育てに関する施策と財源の一元化を柱とする「子ども・子育て新システムの基本制度案要綱」を国がまとめました。政府の担当部局を「子ども家庭省」(仮称)に一元化、また、幼稚園と保育所は「こども園」(同)に統合するという内容です。

政治が混迷していますが、ほんとうに実現できるのでしょうか?
そう簡単に一元化できるものとは思いません。現場は大変です。問題は山積みですね。

いづれにしても、長時間保育が今後増えて行くことを考えると、この「赤ちゃん・子どもを専門に扱う救命・応急手当講習会」の需要も増えるでしょうし、より必要なものとなっていくでしょう。
保育士も大幅増員される中、事故が増えないといいのですが。
[ 2010/08/04 16:42 ]

| ☆事務局(目黒) |
一般向け CPR認定講習
今日は、ニューヨーク在住(帰国中)のYさん、新潟からお越しのTさん、2名をお迎えしてのCPR認定講習でした。赤ちゃん・子どもを専門にあつかう講習会は、まだまだ少ないのが現状です。こうして、遠方からHPを見ていただき、講習に参加いただくのは、頭が下がる想いです。ありがとうございました。

認定講習会では、解説ビデオ⇒デモンストレーション⇒実技練習を単元ごとに繰り返し練習し、スキルの習得を目指します。短時間講習会ではなかなかお話できない、「なぜ気道確保を行うか」「チンリフト(頭部後屈)を行うと気道はどうなっているのか?」「なぜ胸骨圧迫の場所は乳頭間&胸骨上なのか?」「圧迫すると、胸はどうなっているのか?」などなど・・・時には解剖図や図解解説で、わかりやすく説明しています。
なぜ、どうして・・・が分かると、確実にスキル上達の後押しをしてくれるのです。

赤ちゃん、子どもが命を落としている事故についても詳しく学びますので、CPRの目的、意味、実施の重要性などが確実に理解できます。
ただ実技練習をするだけでは、到底身に付かないスキルを習得できます!
[ 2010/08/02 16:24 ]

| ☆事務局(目黒) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。