スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
ライフサポート(株)ゆらりん保育園様 スタッフ向けFA認定講習会
2011012201.jpg

本日は、4月にCPR認定講習でお邪魔しました自由が丘にあるゆらりん保育園様に伺い、後半のコースFA認定講習を開催いたしました!
近隣の園からもスタッフが集まり、28名の大人数での講習会。3名のインストラクターで担当させていただきました。

後半の内容は、日々使えるケガや病気の知識やスキルが身に付きます。
毎日のように、たんこぶをつくったり、すり傷、切り傷、そして引っかきや噛みつきも保育園では日常茶飯事ですよね。そんなケガの手当の最新事情をご紹介しながら、手当の基本を学びます。
また、同じケガでも、保育園で様子を見るべきか、病院へ連れて行くべきか、はたまた救急車を呼ぶべきか・・・その判断の元となる、全身のケガの調べ方というスキルを習得します。
これは、我が家の娘たちにも、何度も使ったことのあるスキルです。
お母さんや園に報告するときにも、「○○を△△したら××だったので、○○をして様子を見ました。」などと、根拠のある説明ができ、子どものケガの悪化が防げるということのほかに、保育士自身も、納得して、また安心していられます。
たぶん大丈夫だろう~、これくらいなら大丈夫かな?という感覚だけで判断してしまうのは危険です。
特に、直接見ることのできない、頭の中(脳)やお腹の中(内臓)に損傷があった場合、そのサインを見逃してはいけないですよね。
前半の1分1秒を争う緊急事態の際の心肺蘇生などももちろんそうですが、この日常に使える後半のコースも、保育士のみなさんにはぜひ受講頂きたい内容です!
スポンサーサイト
[ 2011/01/22 10:55 ]

| ☆保育園・幼稚園 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。