スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
自由が丘産能短期大学様 卒業生向け短時間講座
今日は、自由が丘にある産能短期大学様にお邪魔して、卒業生向け講座(2時間)で講師をさせていただきました!
親子またはママ、12名のご参加です。
赤ちゃん連れだと、なかなか練習もままならないことも多いのですが、繰り返しの練習で、みなさんにしっかりダミー人形に触れていただき、とても上手になりました!

☆講習内容☆
   -------------------------------------------
    ★事故防止 ★心肺蘇生(CPR)★窒息の手当
   -------------------------------------------

講座終了後はみんなでティータイム♪
とってもアットホームな雰囲気の中、美味しいコーヒーとチョコレートを戴きました(^-^)
少し時間に余裕があったので、せっかく持って行ったAEDを使って、1度デモをお見せしました。
AEDは、指示に従って動けばいいので、とりあえず一度デモを見るだけでも、現場での対応がずいぶん違います。
ただ・・・赤ちゃん、子供が心肺停止に至る原因は、呼吸に起因することが多いため、AEDが有効な心室細動の状態になっていることが非常に少ないのが現状です。この場合、、AEDをセットしても、「ショック必要なし」と適用外になってしまいます。・・・つまりCPR(心肺蘇生法)を続けながら救急隊を待つことになります。
ただ、赤ちゃん、子どもでも、AEDが有効な場合ももちろんあります!
まずはCPR!そして、近くにAEDがあればすぐに持ってきてセットしましょう!
スポンサーサイト
[ 2011/02/26 17:44 ]

| ☆学校 |
ママ向け 2時間講習会
今日は、7~8ヶ月の男の子のママたちが3組で参加してくださいました。
ちょうど動き始めるころなので、これからケガや事故が心配・・・ということでの参加でしたので、家庭でよく起こる事故をご紹介しながら、どんな事故やけがが多いか、といったことをご説明。そこから事故防止を考えます。
でも、事故防止をしていても、子供はいろいろしでかしてくれますよね(^^;)
今回も、後半は心肺蘇生、そして窒息の時の手当を練習しました。
0歳の窒息での死亡は約75%にも上ります。1歳以上も交通事故に続きどの年齢でも上位にきます。
窒息は、も「窒息時の手当」をしても出てこない場合、間もなく意識(反応)なくなりますので、心肺蘇生をしながら救急隊を待つことになります。
やっぱり、赤ちゃん・子どもの救命講座には、この2つは外せませんね。

☆講習内容☆
 ---------------------------------------------------
  ★事故防止 ★心肺蘇生(CPR) ★窒息の手当 ★AED
 ---------------------------------------------------

寒い中、ご参加いただきましてありがとうございました!
[ 2011/02/21 15:48 ]

| ☆事務局(目黒) |
社会福祉法人なごみ福祉会なごみ保育園様 スタッフ向けCPR認定講習会
2011022001.jpg

社会福祉法人なごみ福祉会さぎ沼なごみ保育園様にお邪魔しまして、CPR認定講習会をインストラクター2名で担当させていただきました。
毎年講習を受講されていますが、今回は新規園ができるとのことで、そのスタッフの方が中心でした。
開園準備で忙しい時期に、危機管理として、こうして講習を受講される園の姿勢をとても心強く感じますね。

みなさんとても熱心に受講されていました。
春にはたくさんの園児たちが入園してくることと思いますが、大きなケガや事故なく、健やかに成長することを願っています!

当認定講習会は、インストラクター1名に対し最大12名までの受講者、そして、ダミー人形も2~3名に1体用意しています。また、受講者の練習の頻度を上げてスキルチェックもしっかりしますヨ。
また、短いビデオを見る→補足説明→デモンストレーション→練習を繰り返し行うことで、より効率的に手当が身に付くようにプログラムが考えらていますので、受講いただければ自然と身体にしみついてきます!
[ 2011/02/20 15:22 ]

| ☆保育園・幼稚園 |
CPR認定講習


本日は、川崎市の施設でインストラクター仲間主催のCPR認定講習会をお手伝いしてきました!
当プログラムは、認定講習の場合、受講者12名にインストラクター1名を配置しなくてはいけません。
これは、認定をする以上、ある一定レベルのスキルを身につけていただくためです。
何十人も1人で見切れないですからね。
今回は、後ろでデモ&練習を担当させていただきましたが、みなさん熱心に練習されていました。
雪が降る中、また3連休にもかかわらず、お集まりいただき、ありがとうございました!
[ 2011/02/11 12:21 ]

| ☆その他 |
社会福祉法人松林保育園様フタッフ向け講習会


本日は、茅ケ崎の社会福祉法人松林保育園様にお邪魔して、スタッフ27名向けに、3時間講習を開催いたしました。
一年ほど前から、CPR、窒息、ケガの調べ方、ケガの手当ての講習を2回に分けて受講され、今回が3回目。
今回は、CPRの復習とともに、ケガの手当てでも最も日常に即した、手足のケガについて復習&解説。またその手当の一つとして“包帯(三角巾)”をご紹介し練習しました。

保育園やご家庭で、手指の骨折程度では、救急車を呼ばず、病院に連れて行きますよね。
救急車を呼ぶ場合は、添え木や三角巾の包帯などはせずに、そのまま冷やしながら安静にして待ちますが、病院に連れて行く場合、三角巾が使えるととても便利です。
と、いうことで今回は、いざという時に使えるよう、一緒に練習をしました。

☆講習内容☆
 ---------------------------------------------------------
 ★CPR
 ★手足のケガの調べ方
 ★手足のケガの手当て(骨折、脱臼、ねんざ、打撲等)
 ★包帯のご紹介
  ・三角巾の紹介
  ・全巾格納(しまい方)
  ・たたみ三角巾(包帯・紐として使う場合)
  ・釣り包帯(腕や手指の骨折などの時に)
  ・被覆(手指のやけどなどの時に)
 ---------------------------------------------------------

とてもみなさん熱心に練習されていました。
定期的にCPRも受講され、スキルも維持、向上していきますね!
[ 2011/02/05 12:35 ]

| ☆保育園・幼稚園 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。