スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
株式会社Thinkパーソナル様 スタッフ向けCPR認定講習会
2011103001.jpg2011103001.jpg

本日は、株式会社Thinkパーソナル様の社員研修の中で、1日お時間をいただき、CPR認定講習を開催いたしました。
1年程前、同じ研修の中で、短時間講習を開催いたしましたが、今年はみなさん認定講習です。

毎年、救命講習はされているそうで、スタッフのみなさんのスキルも高く、モチベーションも高いですね。
ぜひお客様(=お子様を預ける保護者のみなさま)に、セールスポイントとしてアピールしていただきたいです。
同じ母として、そんな保育士さんであれば、安心です!

岐阜や愛媛など遠方からご参加もあったようで、長時間の講習お疲れさまでした!
認定カードの到着を今しばらくお待ちください☆
スポンサーサイト
[ 2011/10/30 20:30 ]

| ☆企業・NPO・自治体 |
福)宿河原会様 ひばり保育園スタッフ向けFA認定講習会
今日は、6月に開催したCPR認定講習のつづき・・・ということで、1日間のFA認定講習会を開催のお手伝いをしてきました。
スタッフ全員がFA認定を受けている園はまだまだ少ないですが、これから増えて行くといいですね。

毎年受講されていらっしゃるので、講習がとてもスムーズでスキルも高いです!
包帯の実技の項目では、毎年やっている伸縮包帯(基本巻、麦錐帯、亀甲帯)、ネット包帯(腕、頭)、三角巾(たたみ三角巾、全巾格納)の他に、今日は時間の許す限り、様々な三角巾の使い方を学びました。繰り返しの練習で、○折り三角巾、本結び&ほどく、しわができないように巻く、など、コツをつかんで上手になってきました。

来月の2回目のFA認定講習もお伺いする予定です。
宜しくお願いいたします!
[ 2011/10/22 17:24 ]

| ☆保育園・幼稚園 |
大田区立上池台児童館様 「知っておきたい応急手当講座②」
2011102001.jpg

本日は、先週に引き続き大田区立池上台児童館にお邪魔してきました。
また今回は、0歳クラス向けで講座を開催しました。
4月以降に生まれた赤ちゃんですので、下は2ヶ月~大きくても6カ月。
赤ちゃんは見ているだけでも癒されますね。

まだまだ動かないから事故やケガに対して、あまり危機感は持っていないかもしれませんが、家庭内で0歳に起こりやすい事故をご紹介し、その手当について講義しました。
特に、0歳児は窒息での死亡が非常に多く、窒息時の手当は必須です。
また、ご家庭ではやけども多い事故です。これは、周りにいる大人が気をつけることで防げることですし、もしやけどしてしまうと、皮膚の薄い赤ちゃんは重症化しやすいです。迅速な手当「しっかり冷やす!」が大切ですね。(やけどの範囲が広い場合は、低体温を起こし、逆効果になることもあります。)


☆講習内容☆
 ---------------------------------------------------------
 ★事故防止 ★家庭内の事故事例 ★窒息の手当 ★やけど など
 ---------------------------------------------------------
[ 2011/10/20 16:23 ]

| ☆学童・児童館 |
CPR認定講習
本日は、病院内の保育施設に勤務されるMさんが参加してくださいました。
マンツーマンだったので、Mさんのペースで進めます!
認定講習では、対人練習やペア練習がありますが、私とやります。
ちょっとプレッシャーかもしれませんね(^^;)
でも、逆にラッキーくらいに思っていただいて、スキルアップにつながるとうれしいです。

院内保育園と言えども、ほんとうに緊急時には、そばにいる先生の迅速な手当開始がカギを握っています。
次回FA認定講習(後半)も楽しみにしていてください!
[ 2011/10/19 16:48 ]

| ☆事務局(目黒) |
ママ向け3時間講習
本日は、1歳の女の子のママ、Tさん、Aさんが3時間講習を受講しにきてくださいました。
お子さんが幼稚園に行っている間に・・ということで、お昼を跨いで11:00~14:00の3時間講習です。

実際にダミー人形を使って、繰り返しの練習をしました。
人工呼吸をしてみて「来てよかった―!こんなに少ない息でいいんだぁ」との感想をもらしていらっしゃいました。これは、胸骨圧迫(心臓マッサージ)も然り。
本を読んで、そうか!と納得しても、やっぱり実際に吹き込んでみる(息を)、押してみる(胸を)と、身体で覚えられます!

有意義な時間になったようでよかったです。
万一のことが起こらないのが一番ですが、ぜひ手当の手順をたまに思い出して、緊急事態に備えて下さいね。

☆講習内容☆
   -------------------------------------------------------
    ★事故防止 ★心肺蘇生(CPR)★窒息の手当 ★ケガの手当
   -------------------------------------------------------


[ 2011/10/17 16:38 ]

| ☆事務局(目黒) |
ママ・パパ向け3時間講習
本日は、10ヶ月の男の子のママとパパ、Oさんご夫妻が3時間講習を受講しにきてくださいました。
ママは、育児休暇中の看護師さん。事故の危険性や、手当の必要性をよりわかっているからか、ご主人にしっかり練習して知っておいてほしい!ということから、お二人での受講となりました。

一通り終わったところで、ここをもう一度!と、リクエストにお応えして、繰り返し、しっかり練習をされました。
少し不安が取り除かれ、万一の時にも対応ができるようになったことでしょう。
ご参加ありがとうございました!

☆講習内容☆
   -------------------------------------------------------
    ★事故防止 ★心肺蘇生(CPR)★窒息の手当 ★ケガの手当
   -------------------------------------------------------

[ 2011/10/16 16:32 ]

| ☆事務局(目黒) |
大田区立上池台児童館様 「知っておきたい応急手当講座①」
本日は、大田区立池上台児童館にて乳幼児クラブに通う1歳クラスさん向けの講座「知っておきたい応急手当講座」を開催し、講師として伺ってきました。
毎回とても関心が高い講座のようで、今回も28組のお申込みがありました。

1歳を過ぎると、歩きだして、急にケガが増えてきます。
と、いうことで「身近に起こる事故とその手当について」の内容で開催しました。
子育てをしている中でヒヤリハットは多くのママが経験していると思いますし、もし○○になったら・・・と適切な手当が分からず漠然とした不安を抱えているものです。
そんな不安を解消し、少しでも楽しく自信がもてる子育ての一助になればうれしいです。

☆講習内容☆
 ---------------------------------------------------------
 ★事故防止 ★窒息の手当 ★中毒 ★止血 ★ケガの手当 など
 ---------------------------------------------------------
[ 2011/10/11 16:19 ]

| ☆学童・児童館 |
NHK「あさイチ」の取材がありました!
11100602.jpg11100604.jpg
↑事務所兼自宅での撮影風景
 NHK「あさイチ」HPの記事掲載はコチラ

今年、RSウイルス感染の報告数が例年になく増加傾向にあり、この冬に向け大流行が懸念されています。
小さな子供、特に乳児がかかると、重症化しやすく、時には死亡にまで至る怖いウイルスです。

講師のご紹介ページで触れていますが、我が家の次女が生後4カ月のころ、風邪をひいてしまい(その時はRSとは知らず・・)小児科に通っていましたが、ある日、咳と痰がひどく、痰が気道を閉塞してしまい、呼吸困難になってしまいました。
すぐに救急車を呼び、着の身着のままで救急車を迎える為外に出ましたが、様子を見ていると、呼吸がなくなっていくのが分かりました。
呼吸がないなら、人工呼吸をしなければ!と、道路で人工呼吸を繰り返し行いました。
救急車の音が聞こえてきた頃(たぶん2~3分たった頃でしょうか)、私が吹き入れた息がきっかけで、呼吸が戻り、大泣きをし始めました。
私は一気に身体の力が抜け、事の重大さに、体が震えてきたのを覚えています。
お陰さまで、入院はしたのものの、後遺症もなく、今は元気に成長しています。

この娘の一件を「重症化したけれども、助かった例」として取り上げていただきました。

現在、入院を前提にしかRSウイルス感染かどうかの検査ができないようですが、重症化しやすい2歳以下の子供だけでも、保険適用になればいいなぁと思います。

ただ、感染してもその多くは、通常の風邪と一緒で徐々に回復しますので、あまり過敏になりすぎず、子どもの様子を見守ってあげてくださいね。
そして万が一・・・のために、ファーストエイドを身につけておくことをおススメいたします。
お子様連れでも講習を開催していますので、ご興味がある方は、ぜひお問い合わせください!
[ 2011/10/06 17:19 ]

| ☆メディア掲載 |
多摩きた生活クラブ生活協同組合様 託児ケア者研修会
2011100302.jpg2011100301.jpg

本日は、多摩きた生活クラブ生活協同組合様にお邪魔して、2時間の託児ケア者向け講習会を開催いたしました。
北東京ブロックにつづき、今回も預かる側の託児ケア者は、子育て経験のある方から現在子育て中のママまで年齢層も様々。20名ほどの参加がありました。
内容は、心肺蘇生中心でご依頼があり、ダミー人形を14体お持ちして、今日もたくさん練習していただきました。
この講習にNHKの取材が入りましたが、ご参加のみなさま、ご協力いただきありがとうございました。
オンエア情報は、「メディア掲載」の項目をご覧ください。

☆講習内容☆
 ---------------------------------------------------
 ★事故の現状 ★事故防止 ★CPR ★窒息の解除 ほか
 ---------------------------------------------------

----------------□■ アンケートより抜粋 ■□----------------
・大変有意義な時間でした。改めて小さいお子さんを預かる責任を感じました。
・楽しく受講させていただき、ありがとうございました。
・何かあった時の、心構えができました。
・実体験ができ、押す強さや呼吸の入れ方がわかり、よかったです。
・忘れないようにするためにも、毎年練習する機会があるとうれしい。
----------------------------------------------------------
[ 2011/10/03 15:21 ]

| ☆企業・NPO・自治体 |
保育の本『こどもと』11月号に掲載されました!
こどもと
『こどもと』詳細はコチラをクリック!

株式会社学研教育みらい発行の保育士向け月刊誌『こどもと11月号(10月1日発行)』で、救命特集「子どもの命を守る心肺蘇生法」の記事編集のお手伝いをさせていただきました。
記事の中で、心肺蘇生の必要性、事故の現状、そして心肺蘇生法(イラスト入り手順)、保育者の心構えの他、当NPOの活動のご紹介もしていただいています。

※ 『こどもと11月号』 救命特集 84~85ページ

編集室のOさんには大変お世話になりました。
実際に講習会に参加いただいたりと、とても熱心で、保育現場のファーストエイド普及の必要性も感じていらっしゃり、今回の特集がその一助になればうれしく思います。

[ 2011/10/01 22:00 ]

| ☆メディア掲載 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。